レインボー倉庫「チバセイサクショ」で冬支度

季節に1回くらいのペースでふらっと立ち寄るお気に入りスポットが池尻大橋にあります。池尻の駅を出て、Googleマップを頼りに商店街を抜け閑静な住宅地を歩くと、5分ほどで「レインボー倉庫」と呼ばれるその場所に到着。

中の様子が見えないので、初めてだとちょっと入りづらいかもしれませんが、ご心配なく。一歩踏み入ると、面白い人々とアットホームな空間が迎えてくれます。

レインボー倉庫はいわゆる物をストックするための倉庫ではない。

サイトの言葉を引用すると、こういう場所です。

『ここは大人の秘密基地』
レインボー倉庫は、クリエイティブな人々が集まるシェアスペースです。
ショップ・オフィス・アトリエなど、使い方はあなた次第。
日常から少し離れて趣味を楽しむ場所として、
自分だけの時間を過ごす場所として、
仕事場として、もちろん荷物置き場としても。
いうならば、秘密基地のような使い方を楽しんでもらえればと思っています。


大人の秘密基地か、まさにその通り。

ショップにギャラリーにワークプレイスと使い方は人それぞれですが、出店しているご近所同士で行ったり来たり。笑い声が飛び交う温かい雰囲気に、初訪問であっても居心地良さを感じるはずです。訪問客はその時々のアート展示を楽しんだり、RAINBOW STOREでアメリカから買い付けされた掘り出し物を探したり、JAM STAND COFFEEの美味しいコーヒーを飲みながらソファでチルしたり。「ねえねえ、こっちこっち~。」と自分たちのペースでぐるぐるぐるぐるお部屋を巡るのが楽しい。何も考えず集まった放課後みたいな気分で、ゆる~い時間を過ごせます。

そんなレインボー倉庫に先月、ドライフラワーとグリーンのショップ「チバセイサクショ」がオープンしました。今日のお目当てはここ。

お客さんが3人も入れば身動きが取れなくなるほどの小さなお部屋の中には、"いたずら心" と "恋心" をコンセプトにしたこのショップならではの、色とりどりで個性豊かなドライフラワーやグリーンが並びます。目に入るお花すべてが可愛くて、主人公になるお花を見つけては店長にそれと相性の良い脇役を教えてもらい、寒い冬の部屋を彩るドライフラワーをたくさん購入して大満足。ここではクリスマスブーケやリースはもちろん、正月飾りもばっちり揃います。

ドライフラワーはフックに掛けて吊るしたり、そのまま寝かせて置いたりと飾り方も色々に楽しめますが、瓶に挿すだけでもかなり絵になる。瓶が欲しければ歩いて3秒のRAINBOW STOREに戻ればOK。メイソンジャーからビンテージの輸入品まで、ドライフラワーが引き立つ色んな瓶が売られています。

愉快な店員さんたちと一緒に「あ〜でもない。こ〜でもない。」と組み合わせを吟味して、こんな感じで冬のインテリアにぴったりなボトルフラワーが完成しました。うん、かわいい。


また季節の変わり目に。次は春のお花を求めて遊びに来ます。


チバセイサクショ

レインボー倉庫

 住所:東京都目黒区 東山3丁目18−9

 ※営業時間などの詳細は公式SNSをチェック。



はなえ

福岡県出身の女の子。
好奇心旺盛で熱しやすく飽きっぽい。
直感で生きてすぐ後悔する。
https://www.instagram.com/tanohana.jp/