とろろのある日常

グルメ担当のはなえです。

チーズ、温泉卵、とろろ。


ご飯屋さんで見つけると、絶対に頼みたくなるトッピングの3強たち。うどん、カレー、牛丼、パスタ、定食など何を食べに行ってもこの3つを見つけては、頼むメニューをトッピングありきで考えはじめてしまうほど。何も乗っていないプレーンな状態の料理に、強烈な変化は与えずともやわらかな食感やまろやかな味へと、いつもと違う美味しさを生み出してくれるこのトッピングたちが大好きです。


トッピング用チーズや温泉卵はコンビニやスーパーでも簡単に手に入るので日常的に使っていますが、とろろはすりおろしが手間だったり痒くなったりが嫌なので、外食時に見つけたら特に嬉しくなる一品。もっと頻繁にとろろが食べたくて、いろいろ探しているうちに見つけたのがこの「業務用の冷凍とろろ(40g×20個)」。

1食分にちょうどいい40gのとろろを、そのままご飯や麺類にかけたり、お味噌汁やお鍋などの汁物に混ぜてまろやかさを出したり、ちょっとしたお酒のお供にも大活躍。一人暮らしにも関わらずほぼ毎日とろろが食卓に並んでいて、それはそれは夢のような光景です。笑


とろろといえば雑穀米だろうと、最近は「タマチャンの30穀米」と一緒にたべるのにはまっています。

30種類もの雑穀が入っているのに、香りや味にクセがなくとても食べやすいタマチャンの30穀米。作り方も簡単で、研いだお米と一緒に適量を炊飯器に入れ、炊き上がったらまぜるだけ。パッケージもかわいいし、「美容の黒」「バランスの白」「元気の赤」の3種類から好みのものを選べるのも嬉しいです。もちろん、冷凍とろろとの相性も抜群ですよ。

はなえ

福岡県出身の女の子。
好奇心旺盛で熱しやすく飽きっぽい。
直感で生きてすぐ後悔する。
https://www.instagram.com/tanohana.jp/