hirock

アパレルブランド「A BATHING APE®」のグラフィックデザインを経て2011年独立。表現の場を選ばないメディアクリエイターとしてのキャリアをスタート。ファッション誌GRINDでの連載をはじめメディア各方面にてグッドデザインアイテム、最新のガジェットを紹介。著書に『I LOVE FND ボクがコレを選ぶ理由』。

https://twitter.com/h_vb

記事一覧(1256)

Jelly 2

しばらく前からスマホをJelly 2にした。このブルーメタリックの筐体が何ものにも媚びてなくって最高だ。最高の褒め言葉として言えば普通こんな色発売しないだろ。Jelly 2を買った最も端的な理由はスマホ依存を無くすため。仕事での集中力維持と、外に出かけたときにめいっぱい楽しむためにあえて小さくて使いづらい機種にして、スマホから自分を遠ざけた。案の定、電話とメッセージを読むことにしかスマホを使わなくなった。スマホ依存の一番の原因であるSNS。Twitter、Facebook、Instagramも自分の中ではもうそろそろ終わりにしようと思っていて、自分のビジネス上の話題のみ1日に数回の機会を使ってパソコンから発信することに切り替えた。10年以上同じことをやっていても自分を興奮させる新しいものは何も見えない。自分の目の前に起こることに変化を与えたければ今までに当たり前としてやっていたことを破壊して、また別の何かを再構築すればいい。それが今回はスマホだった。その再構築の作業がまた面倒で楽しいのだ。まぁ保険としては、Jelly 2はテザリングができるので、今までのスマホやPadをサブ機として持つという運用も可能。Jelly 2じゃないにしろ、iPhone miniあたりでSNSをきっぱりやめるというのも手かもしれない。あと、ソフトバンクからワイモバイルにキャリアを変えたら月の利用料が半額近くになった。もっと早くやっておけばよかった。https://amzn.to/3xLbGfL

はんてんアップデート

これは久しぶりに発明レベルなファッションアイテム。発売までにテストしたけど、どれも最高。そして価格が安い!ブランドもののTシャツくらいだよ。若い頃は海外の文化にひたすら憧れてアメリカのモノマネが大好きだったんだけど、年齢を重ねるにつれ日本のある意味質素な文化が身にしみるようになってきた。そのどちらが良い悪いと優劣をつけるのではなくそれをうまくミックスしたり新旧を行ったり来たりできるのもこの時代に生まれた特権なのだ。たとえばここHATCHでも売っている神棚は、現代の住宅事情に合わせて小型化したポータブルな神棚だ。毎日一回心を静めて手を合わせるという習慣は残しつつ神棚というプロダクトをかっちょよくアップデートしている。はんてんも日本の古き良き文化。年末にははんてんを着てこたつに入りミカンを食べながら紅白を見たいものだ。現代の素材とミリタリーデザインにアップデートした3種類のはんてん(DAN-TEN)がラインナップされている。お好みに合わせて選んでほしい。L7 DAN-TEN米軍APCU Gen III Level 7 ジャケットをオマージュしたはんてん。前ファスナーはダブルジップ、裾を絞れるコード付き。・サイズ:身幅62、着丈80、袖丈78cm、胸囲96-112、身長:165-185、男女兼用・素材:ポリエステルM-51 DAN-TEN米軍M-51パーカ(モッズコート)のライナーをオマージュしたはんてん。ボア素材とポリエステル素材のキルティングとのリバーシブル。・サイズ:身幅62、着丈80、袖丈52cm、胸囲96-112、身長:165-185、男女兼用・素材:ポリエステルM-65 DAN-TEN米軍M-65フィールドジャケットのライナーをオマージュしたポリエステル素材の軽量なはんてん。本体を畳んで付属のポーチの中に収納可能、収納時には枕にも。・サイズ:身幅62、着丈77、袖丈52cm、胸囲96-112、身長:165-185、男女兼用・素材:ポリエステルhttps://shop.hatch8.jp/?mode=grp&gid=2651389