電動歯ブラシと一緒に使いたい歯磨き粉3選

1年半ほど前から歯ブラシを電動に変えて、歯磨きに対するこだわりが出てきました。


それまでは、たっぷり歯磨き粉を歯ブラシに乗せて、口の中いっぱいに泡立たせ、ゆすいだ後の爽快感で"やった気"になっていた歯磨き。それが電動歯ブラシを使い始めてからは、どこの歯も均等な力加減で磨けるので、勢い任せではなく、隅々まで丁寧に磨くことを意識するようになりました。歯磨き後は爽快感よりも満足感を得られているのが大きな違い。


電動に変えただけで歯のツルツル具合も全然違うのですが、歯磨き粉との相性も重要です。まず気をつけたいのは泡立ちの良すぎる歯磨き粉は避けること。それからホワイトニング要素も条件に入れ色々な歯磨き粉を試してみて、マイスタンダードとなった3つの歯磨き粉をご紹介します。


1、歯医者さんが勧める歯磨き粉「アパガードリナメル」

アパガードシリーズの歯科医院限定商品がこの「アパガードリナメル」。

このままいくと虫歯になるかも?という診断の際に、歯医者さんが勧めてくれたのがこの歯磨き粉。泡立ちにくいので口から泡が溢れることなく、満足いくまで電動歯ブラシを走らせることができます。ミント感も弱いので刺激や辛さが苦手な人にもおすすめ。「アパガードリナメル」を使用して歯磨きをした後に、10分ほどゆすがずそのまま口の中に歯磨き粉を残しておくことで、成分がさらに歯に浸透し「再石灰化」や「再結晶化」を促してくれ、虫歯予防になると歯医者さんに言われたので、たまにやっています。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B009KFBPFK/hrhv-22


2、日本のドラッグストアには売っていないホワイトニング歯磨き粉「REMBRANDT」

アメリカで販売されているホワイトニング歯磨き粉「REMBRANDT」は、アメリカでは人気なのに日本では手に入らない幻の歯磨き粉。日本の薬事法でNGな成分が含まれいることが理由。なのですが、ホワイトニング意識が高い友人は結構使っていたりします。大袈裟すぎない爽快感と磨き上がりのツルツル、コスパよくホワイトニング効果が得られることが人気の理由でしょう。海外旅行の時にスーパーで見かけたら私も必ず買っています。アマゾンで並行輸入品は買えるみたい。自己責任ですがご興味あれば。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01LX2DI9U/hrhv-22


3、ドクターブロナーの歯磨き粉「オールワン トゥースペースト」

最近使い始めたのがこの「オールワン トゥースペースト」。ドクターブロナーと言えば有名なのがマジックソープで、なんだかんだで10年近く愛用していますが、歯磨き粉の存在は知りませんでした。最近までは「REMBRANDT」と「アパガードリナメル」の2本体制で気分や歯のコンディションで使い分けていましたが、ふと見つけて買った「オールワン トゥースペースト」はその折衷案という感じでとても調子いいです。手に入れやすくサイズも140gと大きめなのも嬉しい。日本メーカーの歯磨き粉でよくある辛さを感じるほどの爽快感が苦手って人や、洗面台まわりの印象をもっとお洒落にしたい場合にもおすすめの一本です。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0188GRIQQ/hrhv-22

はなえ

福岡県出身の女の子。
好奇心旺盛で熱しやすく飽きっぽい。いまは宇宙と和と芝生が好き。
直感で生きてすぐ後悔する。
http://www.instagram.com/tano.hanae/