色がモノの印象に与える影響




色がモノの印象に与える影響は大きい。たとえば、テニスボールが黒だったら?、冷蔵庫に入っている卵が青かったら?、ダースベイダーがピンクだったら? その印象はまったく異なるものになるだろう。


今から2年前にブロックメモの定番ロディアがブランド生誕80周年を記念して、オレンジ、ブラックに続いてラインナップしたホワイトカラー。発売以来ずっと気に入って使っている。オリジナルであるオレンジもこれぞロディアと思わせる捨てがたい色ではあるのだけれど、この白が持つ無味で洗練された色の印象がアイデアが生むためのメモ帳に相応しいベストなロディアカラーであると判断した。また、自分の持ち物との相性もすこぶる良い。とくにアップルプロダクトのマッチングは最高で、オレンジやブラックとは比較にならないだろう。モノを選ぶときは、少し引きで見て、机の上の全体やバックの中身全体を見て、その組み合わせで色や形を決めていくといい。隣に並んだり、重なり合ったり、組み合わさったり、そのモノ同士の良さがさらに引き立ち合うはずだ。


http://amzn.to/2mrVQSb



hirock

アパレルブランド「A BATHING APE®」のグラフィックデザインを経て2011年独立。表現の場を選ばないメディアクリエイターとしてのキャリアをスタート。ファッション誌GRINDでの連載をはじめメディア各方面にてグッドデザインアイテム、最新のガジェットを紹介。著書に『I LOVE FND ボクがコレを選ぶ理由』。

https://twitter.com/h_vb