アマゾン川に生きる「隔絶された人々」の真実

少し前に、アマゾン奥地に密着したドキュメンタリー特番がNHKで放送された。

全4回のシリーズの中でも先住民「イゾラド」を追う最終集がすごいとネットで話題になっていて、「イゾラドってなんだ?」とずっと気になっていた。


南米で「イゾラド」といえば、”隔絶された人々”という意味を持つ。そう、原初の先住民たちである。もっとも、「イゾラド」当人たちは自らがそのような名前で呼ばれていることを知らないだろう。

彼らは文明社会と一切の関わりを持たない。2016年においても、洋服を着ないし、武器は主に木製の弓矢か、槍を使っている。

http://www.nhk.or.jp/special/amazon/series4/column/01.html


原初ってなんだ?文明を知らないってなんだ?同じ人間だけど一切のコミュニケーションが取れない。何を考えているか読み解けない。お金の価値も分からない彼らと、どうやって取材の交渉をして、潜入して、何を見せてくれるのだろう。妄想は膨らむ一方で、疑問は尽きないぞ。あぁ、なんで見なかったんだ。わたしはすごい現代の真実を見逃してしまった。。


そう悔んでいた矢先、なんと今夜再放送があることが判明。

<NHK総合・再放送 >

8月24日(水) 午前0時59分(23日深夜)~

しかもナレーターには大好きな俳優の一人、松田龍平さん。

くぅ~、これは見ないわけがない。ありがとう再放送!

http://www.nhk.or.jp/special/amazon/


【追記:8/24 18:30】

あぁ、再放送も見逃してしまった・・という方に朗報。

なんとオンデマンド配信で見ることができるよ~!

https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2016072213SA000/

すごい、、とにかくすごい映像だったので、気になる方はぜひ。

はなえ

福岡県出身の女の子。
好奇心旺盛で熱しやすく飽きっぽい。いまは宇宙と和と芝生が好き。
直感で生きてすぐ後悔する。
http://www.instagram.com/tano.hanae/